マセラティについて - 企業情報

長きにわたる、輝かしいヘリテージがマセラティの誇り

 

マセラティの前身であるアルフィエリ・マセラティ工房は1914121日、イタリアのボローニャで設立されました。マセラティは以降、一貫してスポーツカー カルチャーの歴史とその発展に重要な役割を担っています。

ほぼ1世紀の歴史のなかで、マセラティはロードカー、レーシングカーの双方で栄光の記録を打ち立ててきましたが、それ以上に苦難も経験しました。そして、これらの困難を乗り越えたことによりマセラティのキャラクターと個性が構築されることとなりました。このウェブサイトでは、1929年には、ボルザッキーニがたたき出した246.029km/hの世界記録をはじめ、1957年には、ファンジオが250Fを駆って成しえたF1ワールドチャンピオンのタイトル獲得、さらに近年では20073月のジュネーブにおける新型グラントゥーリズモ(馬力405bhp)の発表など、マセラティブランド史上最も重要なマイルストンを余すことなくご紹介します。

しかしながら、マセラティの歴史を彩るのは栄光のレース記録やロードカーの名車ばかりではありません。マセラティは長い年月をかけ、企業としても大きく飛躍しました。

今日、マセラティの誇りはブランドを形づくる価値-人材管理、職場環境におけるイノベーション、顧客関係の透明性-に反映されています。1940年に実施したボローニャからモデナ市ヴィアーレ・チーノ・メノッティの現拠点への移転、1997年に完了したフェラーリによるマセラティ買収。これらは、拡大戦略と新型車発売で彩られたマセラティの発展への軌跡を物語るほんの一例に過ぎません。

マセラティはイタリアの地方で生まれたブランドではありますが、現在では57か国で事業を展開する国際的企業に成長しました。このウェブサイトでは、人を魅了してやまないマセラティの歴史をたどるとともに、マセラティの名声を高めた人物、数々の記録、モデルについての情報をお届けいたします。

 

企業情報

商号 マセラティ ジャパン株式会社(英文表記:Maserati Japan Ltd.)
設立 2010年4月5日
本社 東京都港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル22階
URL http://www.maserati.co.jp
決算日 12月31日
資本金 1,800万円
株主(株式の状況) イタリア共和国に本社所在のMaserati S.p.A.(100%保有)
事業内容 日本国内におけるマセラティ製品とその関連製品の輸入卸およびサービス
従業員数 13名
役員 代表取締役社長   ファブリッツィオ・カッツォーリ
取締役 フィオレンティーナ・マリアーニ
取締役 ハラルド・ジェイコブ・ヴェスター
監査役 アレッシオ・トゥチッロ
取引金融機関 取引金融機関: 三菱東京UFJ銀行